WEB版すいせん [2018年4月号]

平成30年度診療報酬・介護報酬改定情報に関する伝達講習会

制度対策局 保険対策部理事
介護老人保健施設かがやき デイケアさばえ 佐々木 聖悟

 

福井県作業療法士会保険対策部では、県士会員の皆様が制度を知り、日々の業務に役立てられることを目的として、多くの情報をタイムリーに発信するなどの活動を行っています。また地域包括ケアシステムの推進として、OTとしてどのような役割があり、どのような加算が取れるのか、さらに職域を拡大していけるのかを考えながら臨床を行える県士会員が増えて頂けたらと考えています。その活動の主として、平成30年3月18日、嶋田病院にて保険対策部主催で『診療報酬・介護報酬改定情報に関する伝達講習会』を開催させて頂きました。本研修は、日本作業療法士協会主催の『診療報酬・介護報酬情報等に関する作業療法研修会』に参加した部員が県士会員に対して伝達する講習会です。内容は、午前中が診療報酬に関する内容で「疾患別リハビリテーション料・発達領域」「入院料等」を医療法人 寿人会 木村病院の南部良氏が、「精神科領域」「認知症関連領域」を医療法人 嶺南こころの病院の南出耕佑氏がお話しました。午後は介護報酬に関する内容で「介護老人保健施設」「通所リハビリテーション」「通所介護」「訪問看護ステーション」「訪問リハビリテーション」を私がお話させて頂きました。今回、診療報酬は67名、介護報酬は69名と、幅広い年代の県士会員にご参加頂きました。

近年、制度は医療従事者全員が把握して、動かなければ点数が算定できないと言われております。また、平成28年度の診療報酬改定の伝達講習会参加者は、各病院の責任者が多かったように記憶しています。しかし今回の伝達講習会では、幅広い年代のOTが制度に興味を持ち、伝達講習会に参加して頂けたことをとても嬉しく感じています。これからも、多くの県士会員が制度を身近に感じ、楽しく学んでいけるような機会を提供できるように、保険対策部員も更に研鑽していきたいと思います。最後になりますが、保険対策部では、発達領域と精神科領域のスタッフが足りていません。一緒に制度を学び、研鑽していける仲間を募集しております。身体障害領域、介護領域の方も大歓迎です。興味のある方は、ご連絡頂ければと思います。

WEB版すいせんの一覧を見る
  • 入会・退会・変更届
  • 求人情報
  • WEB版すいせん
  • 会員専用ページ
  • 第3回福井県作業療法士学会
  • 日本作業療法士協会

一般社団法人
福井県作業療法士会

〒910-0063
福井県福井市灯明寺1丁目2401-2
TEL.0776-37-3333
FAX.0776-37-3377

メールでのお問い合わせ

Copyright © Fukui Association of Occupational Therapists. All rights reserved.

このページの先頭へ